入札参加資格,申請
トップページへ
入札参加資格,申請
入札に参加するには
入札参加資格申請の
必要書類
入札参加の
メリット・デメリット
入札参加資格申請の区分・
等級区分
受付期間・発注基準
契約方式の入札の種類
参加申請後の変更
   
入札参加資格,申請
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフブログ


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


入札参加資格,申請

入札参加資格申請に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

入札参加資格,申請

入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請

入札参加資格申請をサポートいたします!

入札制度とは、公共工事の発注者(発注行政庁)が、
発注する建設工事について、
契約希望者に予め行う入札参加資格の審査制度です。

通常公共工事の発注者(発注行政庁)は、
法令により、一般競争入札に参加する者に、
必要な資格を定めることができるとされています。

また、同様に法令で公共工事の発注者(発注行政庁)が、
指名競争入札を行う場合は、
あらかじめ指名競争入札に参加する者に必要な資格を定め、
その資格を有する者のうちから指名しなければならないとされています。

これらの規定により、公共工事の発注者(発注行政庁)は、
競争入札に参加する者に資格(入札参加資格)を告示し、
資格審査を実施しています。

入札参加資格審査の申請は建設工事を受けたい省庁や、
都道府県、市町村ごとに行わなければなりません。

なお、入札参加資格審査の申請を行うには、以下の条件を満たす必要があります。

 ?建設業許可を取得する。
    (建設工事の大小は関係なく取得する必要があります)
 ?経営事項審査を受けて、総合評定値を取得する。

入札参加資格が得られた場合、入札参加業者資格者名簿に申請者が登載され、入札に参加できることになります。

入札できるのはほとんどの場合、一般競争入札となります。

入札参加資格審査の申請時期は、
公共工事の発注者(発注行政庁)毎に定められており、
通常は年に一回のところが多いようです。

従ってこの時期を逃した場合、
当該公共工事の発注者(発注行政庁)への入札は、
一年間できないこととなってしまいます。

なお、入札参加業者資格者名簿への登載される有効期間は、
二年間としているところが多いので、
継続的に公共工事に参加 したい場合、
最低でも二年に一回は入札参加資格審査の申請を行う必要があります。


当社でも、入札参加資格申請のサポートを行っております。
入札参加資格申請をお考えの方は、ぜひご相談ください。
相談は無料で承ります!



入札参加資格,申請
入札参加資格,申請

入札参加資格,申請

入札参加資格,申請

話した感じがよかった : M様
御社のブログの中で、それぞれが自分の意見を発信されてて「この人が自分の担当か」とイメージしやすかった事が大きかったです。期待以上に仕事に真摯に取り組んでもらえ、本当にありがたい限りでした。

相談に親身に乗ってくれた : Y様
急ぎの依頼だったんですけど、親身になって相談に乗ってもらえて安心しました。一つ一つの小さな疑問にも丁寧に答えてもらえ、本当に頼んでよかったと思います。

料金が分かりやすい : A様
あらかじめホームページで費用がどの程度必要か明言されてて、依頼する時に当社の場合ならこのくらいかかると、きちんと見積書を出してくれたのに安心しました。

手間が最小限で済んだ : B様
一括して代行してもらえたので、こちらの手間が最小限で済んだのがありがたかったです。こちらからの確認も素早く返答してくれたので、お任せしきりでしたね。ありがとうございました。





入札参加資格申請務スタッフ 芳村


>>> 当社の新しい入札参加資格申請サイトはこちら
入札参加資格,申請




入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請 入札参加資格,申請

入札参加資格,申請
  【免責事項】
法改正には出来る限り早急に対応しておりますが、現在の法令と連動していない場合もあります。
なお、当サイトの内容によって生じた損害等につきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。