入札参加資格,申請,契約,入札
トップページへ
入札参加資格,申請
入札に参加するには
入札参加資格申請の
必要書類
入札参加の
メリット・デメリット
入札参加資格申請の区分・
等級区分
受付期間・発注基準
契約方式の入札の種類
参加申請後の変更
   
入札参加資格,申請
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフブログ


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


入札参加資格申請に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

契約方式と入札の種類

官公庁が行う契約には、大きく分けて次の3つの方式があります。

(1)一般競争契約
不特定多数の者を競争させ、
最も有利な条件を提示した者を契約の相手方とする契約方式です。

この競争は通常、入札によって行われます。
それが一般競争入札(略して、一般入札)です。
官公庁の契約は、この一般競争契約が原則となっています。


(2)指名競争契約
特定の者を指名して競争させ、
最も有利な条件を提示した者を契約の相手方とする契約方式です。

この競争も通常、入札によって行われます。
それが指名競争入札(略して、指名入札)です。
一般競を行うことに不都合がある場合に、この指名競争契約が行われます。


(3)随意契約
入札を行わずに契約の相手方を選定する契約方式です。
略して随契と呼ばれます。

特別な事情により、
一般競争契約や指名競争契約によりがたい場合などに行われます。

一般的には複数の者から見積書を徴収して比較検討することから、
見積合わせと呼ばれます。

特に、特定の1者のみと随意契約を結ぶ場合は、
一者随契(一社随契)と呼ばれます。


入札参加資格,申請,契約,入札

入札参加資格,申請,契約,入札 入札参加資格,申請,契約,入札 入札参加資格,申請,契約,入札 入札参加資格,申請,契約,入札 入札参加資格,申請,契約,入札 入札参加資格,申請,契約,入札