入札参加資格,申請,受付期間,発注基準
トップページへ
入札参加資格,申請
入札に参加するには
入札参加資格申請の
必要書類
入札参加の
メリット・デメリット
入札参加資格申請の区分・
等級区分
受付期間・発注基準
契約方式の入札の種類
参加申請後の変更
   
入札参加資格,申請
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフブログ


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


入札参加資格申請に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

受付期間

申請先によって異なりますが、
定期受付・追加受付・随時受付の3種類の期間があります。

基本的に2年に1回の定期受付期間中に更新申請をする必要があります。

?定期受付
 全ての自治体で2年に1回、受付期間を定めて受け付ける形式をいいます。
 入札参加資格の更新も、この時に行います。

?追加受付
 定期受付で未登録の方を対象に受付期間を定め、
 受け付ける形式をいいます。
 通常は年に1回ですが、
 自治体によって受付可能かどうかの確認が必要です。

?随時受付
 定期受付で申請しなかった方や定期受付の期間以外で
 入札参加資格が必要になった方を対象に受け付ける形式をいいます。
 自治体によって受付可能かどうかの確認が必要です。

発注基準

競争入札参加資格申請者を等級に応じて区分する場合、
等級別に発注の目安となる金額のことを発注標準といいます。

具体的には、各等級に応じた発注予定案件の契約予定額の
最高額および最低額の範囲を示しています。

発注標準は、各等級区分に含まれる入札参加者の経営力、技術力に応じて、
適正に定められることが求められますが、
等級区分の設定と並んで等級区分ごとの発注標準をどうに設定するかは、
等級区分発注を基本とする指名競争入札制度において、
重要な事項の1つです。


入札参加資格,申請,受付期間,発注基準

入札参加資格,申請,受付期間,発注基準 入札参加資格,申請,受付期間,発注基準 入札参加資格,申請,受付期間,発注基準 入札参加資格,申請,受付期間,発注基準 入札参加資格,申請,受付期間,発注基準 入札参加資格,申請,受付期間,発注基準